日本発祥のギャンブルとして知られているのが競輪です。
この競輪はテレビ中継も多くされていて、一時期かなりの人気を誇っていました。

現在はやや押され気味となっていて、これから挽回が必要な競技となっています。
そうした競技とネットカジノには、かなり明確な違いがあります。

競輪

予想をする必要が全く無いので楽

競輪の場合は、ラインというものを考えていかないと駄目です。
誰と誰が組んでいて、どのようなレースをしたいと考えているのかを予想しないと勝てないように設定されていて、これを覚えないと競輪はわからないものとなります。
ネットカジノはそうした予想をする必要はありません。

どの部分に入るのかとルーレットは予想をすることになりますが、色だけなら適当に考えても当たってしまうことがあります。
また競輪の場合は、レーサーの実力というのが反映されやすいものとなり、実績を持っている人が圧倒的に強いとされています。

しかしネットカジノには攻略法を持っている人と持っていない人ではそこまで影響が出ることはありません。
つまり同等のレベルでしっかりと戦うことが出来るのです。

競輪は配当金が安い傾向にある

結構問題となっていることで、競輪は配当金が全体的に安いものとなっていて、堅い決着になることが非常に多いです。
大波乱とされていることは滅多に起こらないですし、そうした状況になる場合は落車などの問題が出ています。

しかしネットカジノには配当金がしっかりと出せるような状態になっていて、誰でも結構高い金額を当てられるチャンスを持っています。
配当金が高いならそれは安心して受け取ることが出来る他、もっとゲームに使うことができます。
競輪は小さい金額を当てていく競技になりつつあるので、そうしたじっくりと増やしたい方には向いているかもしれませんが、一攫千金を狙いたい方には向いていないのです。

何時でも出来ることが大きい

ネットカジノは24時間プレイすることが出来る方法とされているので、特に時間の制限を受けることはありません。
一方で競輪は開催されている時間が決まっているので、この時間をオーバーすることになれば競技をすることができなくなります。

近年はミッドナイト競輪も開催されていて、深夜まで行っているケースもありますが、やはりネットカジノのように何時でも行うことが出来る良さを持っているところは違いがあります。
これも明確にネットカジノが勝っているところです。